第88回夏期講習会プログラム 各実習の概要

7月27日(金) 9:00~15:00

1)山中 謙太、青柳 健大(加工プロセス工学研究部門)
 「プラズマ回転電極法(PREP)による金属粉末の製造と評価」

キーワード:金属積層造形、PREP粉末、金属粉末、真空溶解
内容:金属積層造形に使用する金属粉末に要求される性状として、真球により近い形状であること、
        個々の粉末粒子表面にサテライトが無く、内部にはアルゴンなどのアトマイズガスの巻き込み
        (トラップドガスポア)がないことなどが重要である。
        本実習では金属積層造形に使用する上で理想的な金属合金粉末の製造を可能とするプラズマ
        回転電極法(Plasma Roatating Electrode Process:PREP)を用いた合金粉末製造技術を体験する。
        真空溶解により電極棒製造、PREPによる合金粉末製造、作製した粉末の評価を行う。
定員:4名
注意事項:製造実験の際の装置の使用操作は見学のみとする。
粉体の評価の際に研磨を行うため、作業に適した服装が良い。

2) 谷川 智之・窪谷 茂幸(電子材料物性学研究部門)
 「青色発光ダイオードの作製」

キーワード:窒化物半導体、青色LED、エピタキシャル成長、結晶評価、LED作製プロセス
内容:発光ダイオードの構造とその作製工程を説明し、以下の実習を行う。
        ・結晶のエピタキシャル成長装置とLED作製プロセス装置の見学
        ・発光ダイオード用結晶の原子間力顕微鏡による表面観察、X線回折測定およびフォトルミネッセンス測定
        ・発光ダイオードのI-V測定とエレクトロルミネッセンス測定
定員:8名
注意事項:作業しやすい服装

3) 高橋 弘紀(強磁場超伝導材料研究センター)
 「磁場中示差熱分析による相変態に及ぼす磁場効果の観察」

キーワード:磁場効果、相変態、示差熱分析
内容:磁場中熱処理による鉄鋼材料の組織制御や永久磁石の保持力向上が試みられているが、
        磁場中での材料合成や相平衡に対する情報を得るためには、磁場中示差熱分析が有用な手段
        の1つである。
        本実習では、磁場中示差熱分析をおこない、磁気相変態に伴う分解温度が磁場によって変化する
        様子を観測し、平衡状態図に及ぼす磁場の影響を理解する。
定員:5名
注意事項:特になし

4) 毛利 哲夫・寺田 弥生(計算物質科学人材育成コンソーシアム)
 「計算材料科学・機械学習ことはじめ」

キーワード:計算材料科学、第一原理計算、機械学
内容:計算材料科学のミッションは、原子スケールの原理に基づいて大きなスケールの現象を予測したり
        解析したりすることと考えられてきた。しかし、このようなアプローチは、新しい材料や物質を探索
        することには効果的ではない。マテリアルインフォマティクスなる分野では、多くのデータや事例を
        基にして、未知領域を探索し、最適のものを見つけ出すことが行われている。いわば、従来とは
        逆方向のアプローチである。言うまでもなく、材料科学ではこの両方向のアプローチが必要である。
        本実習では、両者から簡単な例を選んで、双方の手法に触れることを目的とする。
定員:5名
注意事項:PC持参

5) 笠田 竜太、近藤 創介、Yu Hao(原子力材料工学研究部門)
  「メカニカルアロイング法による酸化物分散強化合金の作製」

キーワード:メカニカルアロイング、ナノ酸化物粒子分散強化、XRD
内容:メカニカルアロイングによる金属中への酸化物粒子の高密度分散法についての実習を行う。
        メカニカルアロイング後の粉末の状態について、XRD等を用いた評価を行う。
定員:2名
注意事項:粉末を取り扱うので、汚れても良い恰好をお願いします。

6) 佐藤 充孝、張 咏杰(金属組織制御学研究部門)
 「鉄鋼材料の微細組織制御による高強度化」

キーワード:相変態、TRIP、残留オーステナイト
内容:鉄鋼材料を種々の温度にて熱処理し、光学顕微鏡による微細組織観察、引張試験および
        ビッカース硬さ試験による機械特性評価を行うことで、鉄鋼材料の特性に及ぼす微細組織の影響を理解する。
定員:8名
注意事項:熱処理および試料研磨を行うため、作業しやすい服装が望ましい。

7) 前田 健作・志賀 敬次(結晶物理学研究部門)
 「半導体(SiとSb)の融液成長過程の固液界面観察」

キーワード:結晶成長、固液界面形状、結晶成長速度
内容:石英坩堝中のシリコンあるいはアンチモンを加熱して融解した後に、冷却して一方向成長する様子
        を直接観察する。観察窓を設けた電気炉とデジタルマイクロスコープを用いることで固液界面を
        詳細に観察することができる。成長速度を徐々に速くして固液界面が不安定化する様子を観察し、
        その時の成長速度と過冷却度を求める。
定員:4名
注意事項:動きやすく汚れても良い服装でお越しください。

8) 秋山 英二・北條 智彦(耐環境材料学研究部門)
 「高強度鋼の水素脆化特性試験」

キーワード:水素脆化、腐食、高強度鋼
内容:高強度鋼の水素脆化は、環境からの微量な水素によって引き起こされ、鋼の強度が高まる程
        水素脆化感受性は高くなる。構造用鋼の高強度化や水素エネルギー利用のための材料の
        ニーズが高まる今日その重要性が大きくなっている。
        本実習では、水素チャージした高強度鋼試験片および水素チャージしていない試験片の引張
        試験を行い、水素が高強度鋼試験片の強度・伸びに与える影響を確認する。
        また破断試験片の破面観察を行って、破壊形態に及ぼす水素の影響を見る。
定員:5名
注意事項:実験に適した服装(長袖、長ズボン)

9) 嶋田 雄介(不定比化合物材料学研究部門)・西嶋 雅彦(ナノテク融合技術支援センター)
 「透過電子顕微鏡を用いた3次元構造解析と高分解能観察」

キーワード:構造解析、透過電子顕微鏡
内容:収差補正型透過電子顕微鏡を用いて材料組織観察の基礎から最近のいくつかの新規手法
        (高分解能観察、三次元観察など)を体験する。
定員:5名
注意事項:動きやすい服装であること。