第87回夏期講習会プログラム

毎年恒例の東北大学金属材料研究所夏期講習会は今年で87回を数えます。
当講習会では、材料研究に関する基礎から最近の研究動向までを、講義で分かりやすく紹介するだけでなく、身近に体験できる実習も行います。また、企業の研究者・技術者と大学の学生・研究者の貴重な意見交換・交流の場として、研究・人事交流にも役立つ場となっております。

今年も、研究者・技術者の方々を始めとする幅広い方々のご参加を心より歓迎いたします。

プログラム

7月27日(木) 講義

10:00-10:20 所長 高梨 弘毅
開会挨拶・金研概要説明
10:20-11:10 教授 吉川 彰
1. 新規単結晶の開発とその実用化技術の開発
11:20-12:10 教授 千葉 晶彦
2. 金属積層造形(3Dプリンタ)技術の基礎と応用
13:30-14:20 施設見学
産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)見学
14:30-15:20 教授 藤原 航三
3. Siの融液成長メカニズムと太陽電池用Si多結晶インゴットの成長技術
15:40-16:30  教授 加藤 秀実
4. 金属溶湯脱成分法による新しい多孔質金属の作製とその応用
16:40-17:30  教授 杉山 和正
5. X線回折法と材料開発:非晶質から結晶まで
17:40-18:30  教授 今野 豊彦
6. 透過電子顕微鏡の基礎と材料開発への応用
18:45-
異業種交流会

>>各講義の概要はこちらから

7月28日(金) 実習

9:00 - 16:00 実習

 (12:00-13:30 ランチミーティング)

※以下の1) ~ 6) のいずれかをお選び下さい。

1)マイクロ引下げ法を用いた単結晶作製とその評価
助教 山路晃広
2) フェーズフィールド法による微細組織発達シミュレーション
准教授 小泉雄一郎
3) Siの融液成長過程の直接観察実験
助教 前田健作
4) 脱成分法を用いたポーラス金属の作製と評価
准教授 和田武
5) X線回折法による物質の構造決定
助教 志村玲子 ・ 助教 有馬 寛
6) 透過電子顕微鏡を用いた3次元構造解析と高分解能観察
特任准教授 西嶋雅彦 ・助教 嶋田雄介

>>各実習の概要はこちらから

16:10-16:20  閉会の挨拶

募集要項

募集人数
60名(定員に達し次第締切)
受講料
【一般】9,000円 【学生】3,000円
お問合せ先
東北大学金属材料研究所総務課総務係(夏期講習会事務局)
TEL:022-215-2181 FAX:022-215-2184 E-mail: