成果|利用者の声

Result

利用者の声

ここでは本所における共同研究につきまして、研究部共同利用委員会の委員の先生方や、共同利用者の方々から頂いたご意見やご感想を掲載しております。

2019

Opening new doors—new results leading to new questions

Denis Arcon 写真

Denis Arčon
Jožef Stefan Institute, Slovenia, Professor

One of the main research topics in my group is magnetism in the presence of “spin frustration.” The target of this visit was the mixed-valence alkali sesquioxide compound Rb4O6. Rb4O6 is a unique system in its family that shows quantum magnetism, however its spin dynamics and other physical properties are not yet well understood. The purpose of the experiment at IMR was to explore the behavior of the spin dynamics of Rb4O6 at low temperatures and high magnetic fields to reveal its overall physical phenomena.

The High Field Laboratory for Superconducting Materials (HFLSM) at IMR is extremely well-known in the world as a facility that has a high level of instrumentations and offers a wide range of magnetic fields at one place. That’s an attractive point, because if it was in other laboratories, we would probably need to go around different facilities to conduct different types of experiments. At IMR, we have measured magnetic phase transition in Rb4O6 under high magnetic field up to 25 T—much higher than what we are able to measure at our home institution. Actually, we had various new results in this visit, but they also opened some new questions. It’s like finding a new door for next stage in the room of “25 T” we entered this time.

I’m also grateful for the GIMRT program, which allowed me to bring my student with me to perform experiments here. Coming to IMR with my student made it possible for us to work in shifts so we can experiment efficiently and maximize our time during our stay. It was also very important for the student to experience and see how the Japanese scientists carry out their research, and create new networks that may lead to more collaboration in the future. We enjoyed our stay at IMR, and we look forward to working together again soon.

GIMRT: Opportunities for optimal experimental conditions and new collaborations

Javier Campo 写真

Javier Campo
University of Zaragoza, Spain, Professor

I experimented at IMR for 10 days in order to conduct a collaborative research with Osaka Prefecture University (OPU). I am collaborating with Prof. Yuko Hosokoshi's group at OPU from long time ago in the study of new magnets done without any metallic ion. Even several years ago, we supervised together a student who obtained a Dual Degree Doctorate. This research is one of the three pillars of my scientific project in Spain, which is the study of magnetic chirality. The other two pillars are the study of new molecular multiferroics compounds and the understanding of the effect of the thermal fluctuations and the stability of magnetic textures (solitons and skyrmions).

I have conducted joint researches with other Japanese universities for a while, but this was my first time experimenting at IMR. As my collaborative researchers said, the unique equipment at IMR provided excellent experimental conditions for us. For example, during the experiment at IMR, we used 20T-SM Magnet with a dilution refrigerator and observed low temperature physics down to 0.1 K in this purely organic magnet synthetized at OPU. In the laboratory at our home institute, we were only able to reach down to 0.3 K, so this experiment will complement the experiment we started back home.

We thank the GIMRT program, and in particular Prof. Hiroyuki Nojiri, for enabling me to bring my student to conduct experiments together. We are very fortunate to have this opportunity to come to Japan for a month, which can be very expensive for our reduced budget. Being able to come with two people instead of one allows us to optimize our time using the wonderful equipment at IMR. The GIMRT also helps to open up opportunities for new collaborations. Through working together for the past couple of weeks and exchanging scientific ideas, Dr. Takumi Kihara became interested in other materials we are familiar in my group. This kind of symbiotic relationship is very precious, and it is an added value to the program.

2018

High-field measurements for next-generation fusion magnets

Zachary Hartwig 写真

Zachary Hartwig
Massachusetts Institute of Technology, Assistant Professor

My research focuses on utilizing high-temperature superconductors (HTS) to advance the performance of high-field, large bore superconducting magnets for fusion applications. Because of the wide variability in HTS obtained from different manufacturers, as well as strong critical current dependence on magnetic field, magnetic field angle, and temperature, it is essential to be able to fully characterize small samples of HTS over the entire potential design space of fusion magnets. This is especially important for the high-field fusion magnets being designed and fabricated at MIT, where peak fields will reach up to 25T. The incredible facilities at Tohoku University IMR, principally the 25T-CSM magnet and HTS critical current characterization system, provide perhaps the only place in the world where HTS samples can be fully characterized to our stringent requirements. Our 2 week measurement campaign on the 25T-CSM was an excellent success, giving us unprecedented HTS data to guide our magnet research and development. This success was primarily due to the expertise and guidance of Professors Satoshi Awaji, Tatsu Okada, and Arnaud Badel from IMR, who were gracious and patient hosts as we ran experiments late into the night for 2 weeks (Thank you!) Our entire team enjoyed our visit very much, particularly the students who helped lead the experiments and were in Japan for the first time. We enjoyed excellent technical discussion over lunch, and dinner, and we are eager to return to continue measurements and pursuing research opportunities with the scientists that we met during our time at IMR.

2010

金研共同利用委員会に参加して

物質・材料研究機構 グループリーダー 御手洗 容子 写真

物質・材料研究機構 グループリーダー 御手洗 容子

 2年間、金研研究部の共同利用委員会に外部委員として参加させていただきました。毎年、全国から100件以上の様々な応募があり、金研の多くの先生方が複数の研究課題を受け入れ、研究活動が活発であることに大変感銘を受けました。応募数が多いのは、金研が日本の材料研究のトップレベルにあり、研究者を惹き付けていることを如実に示していると思います。それぞれの提案を拝見しますと、限られた時間で、互いの経験や知見を生かし、金研の設備を活用することによって、より優れた成果をあげようという気迫が感じられました。ワークショップの提案は、全国各地から著名な研究者が集い、そこから新たな研究の方向性を見いだそうという意欲的なものばかりでした。一つ一つの研究費はそれほど大きい額ではありませんが、多くの研究者が機会を得ることによって、共同利用研究が成果をあげるだけでなく、国内の材料研究を活性化する呼び水になっているように思いました。委員として参加させていただきましたが、研究者としても大いに刺激を受けました。今後も、共同利用を活発に進めていっていただければと思います。

2009

金研共同利用の意義

慶應義塾大学理工学部 教授 伊藤 公平 写真

慶應義塾大学理工学部 教授 伊藤 公平

 材料科学分野の世界的リーダーである東北大学金属材料研究所(以下「金研」と略)。私が共同利用に運営する外部委員の一人として感心したことは、所員の学術レベルと意志の高さであり、世界でオンリーワンの研究を実現する研究施設を創意工夫をもって作り上げる技術力の高さである。材料科学の分野では、個々の研究内容の目的によって必要とされる実験施設が異なる。しかし金研の所員は、独自の研究を進めながらも、全国共同利用・共同研究拠点を築く柔軟性を有している。全国に散らばる材料科学の研究者が個々の研究室で、必要とされるすべての実験施設を整備することは不可能である。自動車で例えれば、マイカーレベルに相当する実験設備を個々の研究室が用意する。しかし、ラリーやF1といったレースに参加するためには特別にデザインされた車とメカニックを要する。それを提供するのが金研である。金研の所員はメカニックのみならず実験装置の設計、作製、維持、運転のすべてをリードする。そして、彼らが大いに威力を発揮するのは全国の研究者から共同研究の相談を受けるときである。ここでは確固たる学術知識に基づき相談内容を吟味し、意義深い共同研究として発展させるための考察を行い、学術発展への寄与につなげる。そのプロセスを経た共同研究提案が私が参加した委員会に提案されるのであるから、委員としても大いに刺激を受けた。すなわち、ただ単に施設を開放するのではなく、共同研究内容の学術的意義にも責任を持つのが金研共同利用の素晴らしさである。

2008

金研共同利用研究に望むこと

写真

東北大学多元物質科学研究所 教授 蔡 安邦

 地方大学や小さな研究機関等ではとても整備できない装置を金研の共同利用で広く研究者に開放するということは、地方の研究活性に繋がっていると考えられる。また、異分野の研究者の交流の場を作るのもとても意味のあることで、今後も継続していくべきである。
 共同利用であるために、すべて共同研究である必要はありません。結果として、業績になることもあるが、担当の先生は自分の業績を上げるためにこれを利用してはいけない。多少サービス的な部分があってもいいような氣がする。共同利用の採択基準として、論文発表等をメインにしているのは特に問題ないが、一年で評価するのではなくあるまとまった期間(例えば3年間)で評価する方が妥当であろう。

金研出入り学者の25年

九州大学大学院理学研究院 教授 巨海 玄道 写真

九州大学大学院理学研究院 教授 巨海 玄道

 金属材料研究所(以下「金研」と略)を初めて訪れたのは海外から帰って間もない1984年の頃ではなかったかと思う。それから25年近くも立ってしまった。その間、私と金研との関係も研究テーマや相手先を変え、実にバラエテイに富んだものとなった。共同利用は平成19年で終わったため、本年1月29日の共同利用委員会が事実上金研と別れる日となってしまった。委員会が終わり、事務局の前に立ち高くそびえる建物を見ながら、お世話になったF教授やS教授(既にご退職)の顔を思い出し、しばし佇んでいた。
 私はこれまで地方大学勤務が長かったため国内の多くの共同利用研究所を利用してきた。その様な視点から金研をもう一度振り返ってみたい。金研を考える時、どうしても金研より長くつきあいがあった物性研を比較対象としてしまう。金研は部門当たりスタッフは112(あるいはそれ以上)を堅持している数少ない研究機関であり、共同利用件数から考えれば研究環境は大変恵まれていると思う。共同利用機関になってまだ日が浅いが委員として利用者名簿を見ると担当部門のスタッフの所謂「友達」が多いような気がする。全国を見回したとき大変優秀な人が地方へ埋もれている場合が多い。その様な人を掘り出すこともこれからの金研の役目ではなかろうか。今はどの大学も社会へ向けたPRに余念がない。例えば東北・北海道の人たちに金研の施設を紹介し、共同利用の振興をうたい、長い目で金研全体をもりあげてはどうだろうか。誰も知らないスタッフのいる部門に初めて出入りする事はなかなか敷居が高いがそれを可能にするのはまさにその部門の教授(あるいはスタッフ)の役目である。小生の場合、九州の小さな大学のそれも教養部の片隅でないないずくめの中で研究を続けていた身にとって、つてを頼って金研にたどり着き、スタッフの暖かい出迎えを受けたときの感動はいまだに忘れない。上で挙げた2人の先生方には研究面ばかりでなく運営面でも私は多くの援助を受けた。その様な意味においても金研に出入りした25年は私の人生に実に多くの花を咲かせてくれたと思う。これから叉新たに金研に出入りしようとする人も多いと思うが広い意味での「良い出会い」が片平町で実現されることを心から願っている。